利用客が多い時期を避けるだけでも飛行機は安く乗れる!?

- 利用客が多い時期を避けるだけでも飛行機は安く乗れる!?

利用客が多い時期を避けるだけでも飛行機は安く乗れる!?

その名の通り、格安で購入できるのが格安航空券です。
昔は高かった航空券であっても、今では通常価格の8割引きの値段でも購入できるようになりました。
それに加えてさらに安くする方法があるのをご存知ですか。

航空チケットの価格は時期によって左右される

良く飛行機に乗ると言う人は知っているかもしれませんが、飛行機は利用する時期によって、それなりに値段が変わってきます。
通常価格の値段が変動しますから、格安航空券の値段もそれに合わせて上下しますし、場合によっては通常価格の変動よりも大きく変動することもあります。
つまり、時期を見計らうことによって、さらにお得に飛行機に乗れるかもしれないのです。
基本的には人が少ない時期を狙うといいのですが、それがどういう時期なのかを具体的にご紹介していきましょう。

より航空チケットを安く買える時期とは

まずは正月明けです。年末年始で休みの時には、人が集まり航空券も高くなりますが、休みが終わり学校や会社が始まると、反動で人が少なくなるのです。
そのため、安価でチケットを手に入れることが出来るでしょう。
また卒業旅行などがあり、旅行シーズンがある3月というのは飛行機の利用者が増えます。
逆に言うと、それが過ぎ去れば利用者が減りますから、4月に入ってから中旬までは比較的に安いでしょう。
ここまで見てもらってわかると思いますが、長期休暇などで利用者が増えて、それが落ち着いた後ぐらいがねらい目です。
ですから、5月のゴールデンウィークが終わってからも、値段は安くなります。
しかも6月は祝日がないうえに、梅雨シーズン真っ盛りです。
そうなると、利用者の数はガクッと減りますから、航空券の値段も必然的に安くなります。
長期休暇と言えば、あとはお盆休みやシルバーウィークとなるでしょうか。
この時期にはやはり利用者が増えますが、逆に10月になると利用者が減ると言うわけです。
そもため、飛行機を使って旅行をしようとした場合、休みを普通の人とずらすことで、移動費を安く済ませることが出来ます。
条件次第ではありますが、時期をずらせば往復で1万円以上も値段に差が出来る事もあります。

割引やキャンペーンだけじゃない

航空券の値段は、様々な要因が絡み合って決定しています。
各社行っているキャンペーンなどのわかりやすい方法以外にも、今回のような日にちをずらすという方法でも料金を安くすることが出来ます。
他にも方法はありますから、飛行機を利用する際には、試行錯誤してみるといいのではないでしょうか。