航空券を安く買える曜日や時間帯とは?

- 航空券を安く買える曜日や時間帯とは?

航空券を安く買える曜日や時間帯とは?

LCCや早期予約割引などで、格安航空券を買えたとしても、思っていたよりも安くなっていないと感じることはないでしょうか。
時にはあと数日前後したら、片道5000円も違っていたのにと後悔している人もいるかもしれません。
その予約、少しだけでもずらすことはできなかったでしょうか。

曜日によって安さが違う!?

航空チケットの値段は画一的に決まるのではなく、場合によって上下しています。
その決定要因には、利用者の数が大きくかかわっているのですが、それは間接的に曜日が関わっているともいえるのです。
ではどの曜日が安く、どの曜日が高くなるのかわかりますか。
結論から言うと平日は安く、休日は高くなります。
平日は仕事や学校で飛行機を利用する人が少なく、休日になると旅行などで使う人も増えるからという理由ですが、こういった話だと平日であっても人が多い日が1日ある事がわかります。それは金曜日です。
金曜日の夜に飛行機に乗って、土曜日が一日使えるようにすると考える人の数は多く、金曜日は他の平日よりも高くなります。
逆に日曜日は、次の日に疲れを残さないようにするためか、土曜のうちに帰り利用する人が少なくなります。
大雑把ではありますが、最も安い曜日(金曜以外の平日)と高い曜日(金曜から土曜)とでは、片道で2000円近く金額が変わりそうです。

時間帯でも値段が変わってくる

曜日に加えて時間によっても値段は変わってきます。
基本的には朝よりも昼から夕方の便を使うと値段を抑えられるでしょう。
特に金曜や土曜は、値段の差が顕著になります。
金曜日の場合には、夜に乗るよりも絶対に昼頃の便を使った方が良いです。
金曜の夜は次の日が休みのため、仕事終わりでどこかに行こうと考えている人が、多くいるようで割高になっています。
同じく土曜の朝まで続きますから、金曜の夜〜土曜の朝の時間帯は、他の便よりも値段幅が大きいです。
使う会社しだいですが、金曜の夜の飛行機に乗った場合、昼間に乗った時よりも5000円近く高くなるという例も存在しています。
もしも金曜から旅行に行こうと思ったら、半休などを取得していった方が安くなるでしょう。

格安航空券は作れる

搭乗する曜日や時間の設定だけでも、航空券は安くなります。
さらに、繁忙期や閑散期と言った時期的なところや、早めの予約による割引や泊まりの予定があるならパックツアーなど、キャンペーンの有無などでも安くすることが出来ます。
ですから、少し工夫するだけでも、航空券を格安で購入することが出来るでしょう。